23歳で突然アトピーになった僕が教える! 大人になってから発症するアトピーの原因と治し方

大人になって発症する大人のアトピーの原因と治し方を紹介!

*

大人のアトピー患者が入浴時に「体を洗うタオル」と「石鹸」の適切な選び方

      2015/08/05

大人のアトピー,入浴,体を洗う,洗い方,タオル,選び方,綿100%,素材

大人のアトピー患者の日常のケアの一つに入浴がありますが、体を洗うときのタオルはどのような素材のものを選んだら良いのでしょうか。

私は以前まではナイロンタオルを使っていましたが、これはアトピー患者が最も使ってはいけないタオルだと言われます。特に男性はナイロンタオルは泡立ちも良いし、安価に手に入るためこれを使う方が多いのではないでしょうか。

しかし、これでゴシゴシとこすると確かに気持ち良いのですが皮膚を傷めてしまう危険性があり、肌のバリア機能(防御機能)が失われてしまうことに繋がります。

それは肌のバリア機能が元々低下しているアトピー患者にとっては、自ら追い打ちをかけて悪化させているようなものです。肌に優しい適切なタオルを選ぶことも大切な日常ケアのポイントになります。

大人のアトピー患者の肌に優しいタオルの選び方

大人のアトピー 改善 治し方 タオル 選び方

アトピー患者がタオル選びで選ぶべき素材は綿100%です。繰返しになりますが間違っても以前の私のようにナイロン素材のものを選んではいけません。そして、洗う時の注意点は「泡を使って洗うこと」です。タオルにボィーソープなどをのせてまず良く泡立てて、その泡を使って優しく洗うことが大切です。間違ってもゴシゴシこすっては意味がないです。そのため、泡立ち易いタオルが理想です。

この2点(綿100%で泡立ち易いもの)を気を付ければ私はどのようなものでも良いと思っています。因みに私は近所のドラッグストアで購入した綿100%のタオルを使っています。綿のタオルにして感じるのはやはりナイロン素材のタオルは間違っていたということです。

お風呂上りの肌のザラつきや乾燥の具合が結構変わりました。逆にこれまで皮膚を自分で傷つけて、自ら悪化させていたのではないかと思うほどでした。

参考までに私が使っているタオルは下のものを使っています(写真)。今現在、綿100%のタオルをお持ちでない方は一度お近くのドラッグストアや生活雑貨を扱うお店で探してみると良いと思います。

IMG_5768

私が使っている「子供のアトピーにも使える安心素材な石鹸」

私は“養麗潤(ようれいじゅん)”という石鹸を好んで使っています。この石鹸は敏感肌用の石鹸なので、大人のアトピーだけではなく、子供のアトピーにも使っていただけるような、安心素材でできています。

私がこれを気に入っているところは、汚れはサッパリ落ちるのに肌はしっとりと潤いのある洗いあがりになることです。なので、使っていてとても気持ちが良いです。

値段は1つ1,980円とアトピー用の石鹸としては比較的安い方だと思いますし、保湿クリーム付きの“お試しセット”なら938円で購入できるので気軽に試すことができます。

養麗潤(ようれいじゅん)石けん|敏感肌・乾燥肌用2
>>アトピー用石鹸 “養麗潤(ようれいじゅん)”公式ページはこちら

 

 - 入浴