23歳で突然アトピーになった僕が教える! 大人になってから発症するアトピーの原因と治し方

大人になって発症する大人のアトピーの原因と治し方を紹介!

*

肌の構造を知って大人のアトピーを治そう!20代の乾燥肌の特長と治し方

      2016/03/11

皆さんは自分の皮膚がどのような構造になっているのか知っていますか。因みに僕は大人になってアトピーになるまで全然知りませんでした(こんなことを調べようとも思いませんでしたw)。

しかし、大人のアトピーはまさにこの皮膚という場所で起きています。これを機会に皮膚の構造を勉強し、どこにどのような問題が起こると大人のアトピーの症状が引き起こされてしまうのかを理解することも大切なことだと思います。

下記に皮膚の構造やアトピーが起きやすい肌の特長についてまとめてみたので一度読んでみてください。

人の肌(皮膚)の基本構造と大人のアトピーの関係
~セラミド不足がアトピーの原因?~

人の皮膚は大きく3つの構造部分に分かれます。それは、皮膚の上から「表皮」「真皮」「皮下組織」というものです。それぞれ構成される成分が違い役割も異なります。まずは「表皮」「真皮」について詳しく見ていきましょう。

アトピー,乾燥肌,特長,セラミド,化粧水

 icon-arrow-right 「表皮」 ~外界から体を防御し、肌の水分を留める部位~

表皮は肌構造の一番上部に位置し、外界と触れる部分です。そのため、外から来るウィルスや細菌などの異物が侵入してこないように防御するシェルターのような役割を担っている大事な部分となります。

特にアトピー疾患のある人はまさにここの防御機能が弱くなっていることが原因ですので、その重要性は身をもって理解できるのではないでしょうか。表皮のシェルター機能を発揮する上で大事な部分となるのは表皮の最上部である「角質層」と呼ばれる部分です。

この角質層は角質細胞と呼ばれるレンガ上の細胞がいくつも積み重なった丈夫な構造をしています。そして、表皮の一番下に位置するのが「基底層」と呼ばれる部位で、ここは表皮のレンガ構造をつくるための細胞の生産工場です。

ここで作られた新しい細胞は上へ上へと運ばれ、古い細胞は皮膚表面からアカとなって剥がれていきます。このサイクルは肌のターンオーバーと呼ばれ、約4週間で細胞が入れ替わっていると言われます。

また、アトピーの皆さんに是非とも知っておいて欲しいのが“セラミド”という物質です。これは、表皮の角質細胞の間を埋めるような形で存在し、肌の水分が容易に蒸発していかないように留めておくフタの役割をします。

人は歳をとるにつれて肌のうるおいが低下するのはこのセラミドの減少が原因の一つですし、大人のアトピー患者の肌が乾燥してバリア機能が低下する原因もこのセラミドが普通の人より少ないことが大人のアトピの一つの原因となっていると言われます。

ですので、肌の保湿機能を整えるためにセラミドを含有した化粧水などの使用するということも大人のアトピーを改善させる有効な手段になるのではないでしょうか。

icon-hand-o-right  セラミド含有、アトピー用のおすすめ化粧水はこちら

(僕も愛用しています↑ オススメ)

 

 icon-share 表皮の役割まとめ

 icon-check-square-o  外界の異物から体を守るシェルター

   肌の水分の蒸発を防ぎ、バリア機能を維持するためのフタ

アトピー,乾燥肌,特長,セラミド,表皮

  icon-arrow-right 「真皮」 ~肌の土台、栄養素を届ける~

皮膚構造において表皮の下にあるのが「真皮」です。真皮は弾力があり皮膚の土台となっている部分です。

役割としては皮膚の基礎(土台)ということと、真皮にある毛細血管を通して栄養素と酸素を届ける役目もあります。その構成成分は「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」の主に3つの成分によって成り立っています。それぞれの役割を見ていきましょう。

  • コラーゲンは真皮の基本構造
    コラーゲンは真皮を網の目のように張り巡らされた丈夫な線維(タンパク質)です。ベッドのマットレスでいうとスプリングの部分に例えられます。真皮から水分を除いた場合、コラーゲンがその7割を占めるほどで、まさに真皮の基礎構造となっています。
  • ヒアルロン酸は真皮の緩衝剤
    ヒアルロン酸はコラーゲンの網も目の構造の間を埋めるようにして存在します。近年保湿成分として注目されている通り、ヒアルロン酸は水分を保持する能力が高く肌にうるおいと弾力をもたらします。
    ベッドのマットレスでいうとスポンジ部分に相当するでしょう。
  • エラスチンは真皮の基本構造を丈夫に保つための耐震補強
    エラスチンはコラーゲンの基本構造の接点部分に存在し、それ自身はゴムのような弾力があり、基本構造を補強するような役割があります。ベッドのマットレスでいうとスプリングを繋ぐ部品と言えるでしょう。

  icon-share 真皮の役割まとめ

 icon-check-square-o  肌の土台

   栄養素と酸素を届ける

アトピー,乾燥肌,特長,セラミド,真皮,ヒアルロン酸

 - 原因としくみ