23歳で突然アトピーになった僕が教える! 大人になってから発症するアトピーの原因と治し方

大人になって発症する大人のアトピーの原因と治し方を紹介!

*

バリア機能と腸内環境の関係を知り、大人のアトピーを改善しよう

      2017/06/11

大人,アトピー,腸内環境,改善

首や顔にできるかゆくて辛いアトピー。なんとかしたいですよね。でも、いったい何をしたら良いのか分からない方も少なくないと思います。実際、僕もその一人でした。

大人のアトピーには実に様々なものが影響していると言われるのですが、その一つとして、『腸内環境』が重要になってくると言われています。

一見、腸内環境とアトピーは無関係のような気がしますが(僕もはじめは関係があるものとは想像すらしていませんでした)、実は大きく関係していて、腸内環境が悪化すると「皮膚や粘膜のバリア機能が弱くなり体内に異物が侵入しやすい状態」をつくってしまう可能性があるそうです。

そんな大人のアトピーに影響する腸内環境には「食物繊維」と「ビフィズス」の存在が重要になると言われているのですが、このぺージでは、大人のアトピーと腸内環境の関係、そして腸内環境を整えることでアトピーを改善していくための考え方についてまとめてみたいと思います。

大人のアトピーの治し方を考えるときに、薬などの分かり易い方法につい走りがちですが、食生活もアトピーには大きく関わっていることだと僕は思います。

そして、中でも腸内環境もかなり大切で無視してはいけないものだと感じています。ですので、「腸内環境とか関係ないでしょ」と軽視せず、このページを読んで頂き、騙されたと思って実践してみてください。

そうすれば、「腸内環境も確かに大人のアトピーに関わっている」ということが体感として分かると思います。

 

大人のアトピーの腸内改善!バリア機能を高める

大人,アトピー,腸内環境,改善

大人のアトピー、何が原因で起こるのでしょうか。それはアレルゲンと呼ばれるものが体に侵入して起こります。

では、アレルギーを寄せ付けない体にするためにはどうしたらよいのでしょうか。

大人のアトピーを治す際、大切になってくることの一つとして「腸内のバリア機能を高める」ことが有効だと言われています。

そのためには腸の粘膜を丈夫にする必要があるのですが、そこで出番となるのが人の腸内に住む善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌です。

人の腸内には約500種類、100兆個もの細菌がいると言われ、体にとって良い働きをする善玉菌と悪さをする悪玉菌がいます。

善玉菌は、腸内を覆うことで外来菌が体内に侵入するのを防ぐ効果や、悪玉菌の増加を抑制する働きもあります。善玉菌はオリゴ糖や食物繊維をエサとして働くのですが、この2つを乳酸菌やビフィズス菌と一緒に摂取するとその効果が高まると言われます。

一方、悪玉菌は動物性のたんぱく質や脂質をエサとして増殖します。悪玉菌が増殖すると腸内にアンモニアといった毒素が充満し、腸内腐敗が進みます。腐敗が進むと毒素が腸から吸収され、ふきでものなどが顔にできたりそれ以外にも体の様々な組織に悪影響を及ぼしてしまうようです。

悪玉菌と善玉菌は常にその勢力争いをしているので、悪玉菌を増やさないように動物性のたんぱく質や脂質は控え、善玉菌の活動をサポートするための乳酸菌やビフィズス菌を摂取すること。

そのときに、彼らのエサとなる食物繊維とオリゴ糖を一緒に摂取することで、アレルギーに負けない腸内環境を整えていくことが大切なのだとか。

大人のアトピーを治したい!と思っている方。腸内環境が実はアトピーにも関わっているのです。これを良い機会と思って、ヨーグルトなどを積極的に摂るようにしてみてはいかがでしょうか。

大人,アトピー,腸内環境,改善

消化機能を整えて栄養が吸収される体を目指す

大人のアトピー患者の多くは皮膚や粘膜がもとから弱く、消化器官も弱い方が多いと言われるます。事実、僕もお腹が弱く、学生時代は毎日のように腹痛でトイレに行っていました。

もしかすると、あなたもそのような傾向があるのではないでしょうか。

もし、そうであるなら、まず腸内環境を整えて便秘や下痢を起こしにくい体にし、食べ物からしっかりとした栄養素を吸収できる体にしなければいけません。

腸内環境の良し悪しは腸内に住む善玉菌の割合で決まりまるそうです。この善玉菌は消化された食べ物(たんぱく質や糖)を分解、発酵して便をつくるといった消化機能を助けます(下痢予防)。

また、善玉菌によってつくられる酸の働きによって腸の蠕動運動が活発になり排便を促す働きもあります(便秘予防)。

つまり、前項で説明した善玉菌を増やし悪玉菌の増加を抑制することは、アレルゲンから体を守るバリア機能だけでなく、腸内の消化機能を回復させて体に必要な栄養素をしっかりと吸収できる体にするためにも大きな力を発揮するのです。

栄養がしっかりと吸収できるようになれば、肌の新陳代謝も促されるので、アトピーによって炎症を起こした皮膚を再生して元通りに戻すためにも大きな効果を発揮するのではないでしょうか。

腸内環境を整え、体をアレルゲンに負けない体にすること、そして、栄養をちゃんと吸収してアトピーによって傷んだ皮膚を早期に修復していきましょう。

 - 食事療法